カーテンQ&A

シェードってどんな窓に合うの?特徴は?

全国どこでもカーテン屋へ行くと必ずといっていいほどオススメされる「シェード」ですが、特性や特徴を理解しているかたは少ないはず。ここでは「シェード」についてまとめさせていただきました。ちなみにかあてんやでは、シェードも自社工場で製作しております!詳しくはこちら

 1.シェードって?
シェード(ローマンシェード)は、カーテン生地で製作できる上下昇降式の商品です。折り畳まりながら上部まで引き上げることができ、カーテンよりもすっきりとしたイメージを演出します。シャープシェード、バルーンシェード、オーストリアンシェードなど種類はございますが、現在ではプレーンシェード、またはレースの付いたダブルシェードが最も採用されています。

P046_R-61P_E5057

 2.特徴
スッキリした印象が活きるため、小さな窓との相性が良い商品です。窓がつ2つ以上あるLDKの場合、大きな窓はカーテンを、小さな窓は同一生地でシェードを、という具合にコーディネートすればお部屋に統一感が生まれてきます。また、生地の上げ下げの調整により、直射日光を避けながら採光ができるのも特徴です。

生地を降ろした場合は平面になり、カーテンの様に凹凸がないため生地の柄を一番楽しむことのできるスタイルです。お部屋に絵を飾ったような雰囲気を演出できるため、リビングや趣味に使うお部屋などにも最適です。

3.製品バリエーション
厚手生地のみはプレーンシェード、レースを付けたタイプはダブルシェードと呼ばれております。厚手とレースがセットになっており、日中帯はレースだけで過ごすことも可能です。レースで外からの視線を遮りつつ、お部屋の中を明るくすることが可能です。

P071_WS-11_E5077_E5261

4.シェードを選ぶ際に気をつけたいポイント
シェードの裏側はコード(紐)が何本か通っており、むやみに生地を引っ張る、または操作時に生地が物に接触すると、コードの外れや、斜めにシェードが折り畳まるなどの不具合につながる可能性があります。支える力を均等に保つため、操作時には一旦窓を閉め、接触するものがないかどうかを確認してから操作することをオススメいたします。開閉の頻度が多い窓や、よく出入りする箇所に設置する場合は注意が必要です。

5.その他
コード式操作のシェードの場合、ストッパーの効きが年々弱くなり、最終的には上部に引き上がらなくなった、というお問い合わせをいただく場合がございます。こちらはストッパーを交換すれば改善されるケースは多いです。詳細はこちらもご確認ください。
なお、近年は新規でシェードをご提供する際、ほとんどのケースでチェーン式の操作が採用されています

上部にぱたぱたと折りたたまる形は、ロールスクリーンには無い、ふんわりとしたやわらかい雰囲気といえるでしょう。カーテンと合わせたコーディネートにはぜひご検討ください。

コーディネート商品特徴

トップへ

お問い合わせ