カーテンQ&A

カーテンのヒダってなんのためにあるの?

身近にあるカーテンをよく確認してみてください。フックの装着されている部分が山のように折られて、カーテンのウェーブを作りだしていることがわかると思います。このヒダ形状も自由に選べるのがオーダカーテンならでは。どんなものかを以下にまとめました。

 


 

・カーテンの「ヒダ」って何?
一般的に目にする多くのカーテンは上部がつまんであり、これを「ヒダ」といいます。また、出来上がるカーテンに横幅に対し、何倍の布を使っているかによって呼び方も変わります。例えば、仕上がりの横幅が100cmのカーテンに対して、150cmの布から製作していれば1.5倍ヒダ、200cmの布から製作すれば2倍ヒダと呼んでいます。また一般的には、1.5倍ヒダは「2つ山」で2倍ヒダは「3つ山」で製作されています。

 

drape4

drape3

 

・ヒダをつまむ目的
ヒダをつまむ目的はたくさんあります!まずは開閉のため。ヒダをつまむと、布の折れるきっかけができます。そのため、ヒダのないカーテンと比べてまとめやすくなります。次に、見た目の美しさのため。ヒダがあると規則正しい折り代が重なり、カーテンをまとめた状態もきれいに見えます。もうひとつが、保温性や遮光性の向上のため。ヒダをつまむとレースとドレープの間に空気層が大きくできるので、断熱効果が生まれます。また布が多くなると光を遮る分量が増えるので、遮光効果も生まれます。

 

・2倍ヒダ:オススメ部屋
布を多く使うぶん、布の重さで深みのある線が生まれます。ウェーブを綺麗に見せたい無地の生地や、シックなテイストの生地がオススメです。生地を多く使うため、製作サイズによっては費用が上がることがありますが、たっぷりとしたウェーブは高級感を演出してくれます。お客様の目に付くことの多いリビングや客間を2倍ヒダにする場合も多いです。

 

027

 

・1.5倍ヒダ:オススメ部屋
2倍ヒダよりも使う布が少なくウェーブが浅くなるため、すっきりとした見た目が特徴です。プリントカーテンなどはヒダの間隔が広く、ゆるやかなウェーブになる1.5倍ヒダを選ぶと、より柄を楽しむことができます。また、使う生地が少ない分重さが減ってお洗濯がしやすい、また生地によっては価格を抑えられるといったメリットがありますので、数年後に買い換えるかもしれない子供部屋を1.5倍ヒダにするという選び方もあります。

 

1.5

 

・フラットカーテン
ヒダを取らないフラットカーテンという種類もあります。柄や生地の織りをそのまま見せることができるスタイルです。折れ曲がるきっかけがないため、綺麗に均等にたたむのが難しくなりますが、ゆるやかなイメージを演出できますので、ラフ・カジュアルな雰囲気のお部屋にオススメです。レールの長さに対して1.3倍ほどゆとりを持たせると、生地の自然なウェーブ感を楽しめます。またカーテンをたたんだ際は、ヒダをつまんだカーテンに比べてレール前後に大きくスペースをとるため、カーテンレールの種類によってはおすすめできない場合もございます。

 

048

 

その他、フラットのようなシンプルさとキッチリしすぎず程よいルーズ感を兼ね備えた「1つ山」のワンタック。柄物だけでなく自然の風合いを大切にしたいリネンやコットンなど、天然素材の生地にもオススメです。また、アイアンや木製のポールとの組み合わせで自在な表情を演出できるハトメというスタイルもあります。

 


 

カーテンは生地だけでなく、ヒダという演出が加わってその真価を発揮します。目的や好みによって、そのお部屋や窓まわりに最も似合うヒダを選びましょう。

 

コーディネート商品特徴

トップへ

お問い合わせ