カーテンQ&A

縦型ブラインド(バーチカルブラインド)ってどんな特徴があるの?

特徴的な形がどうしても気になってしまう「縦型ブラインド」。オフィスで使われているケースもありますが、そのスタイリッシュさに最近では住宅でも良く採用されています。こちらのページでは「縦型ブラインド」をご検討いただく前に押さえて置きたいポイントをまとめました。

 


1.縦型ブラインドって?
縦型ブラインドは、シンプルですっきりとした見た目がお部屋をより洗練されたモダンな雰囲気にしてくれる商品です。帯状の生地(スラット)が縦方向に吊られており、羽を角度調節をすることで、お部屋の中のプライバシーを守りながら光を取り入れることが出来ます。なお、お手入れ方法としては、羽を一枚一枚を取り外すことが出来るので、汚れてしまった部分だけを取り外してお洗濯することが出来ます。

 

縦型ブラインド%2F天井付★縦型ブラインド%2F天井付%2F掃出☆

 

2.特徴
高さのある大きな窓があるお部屋は、縦ラインが強調されてより窓が映えるのでお勧めです。ベーシックに良く使われているレースを付けないスタイルでは、角度を付けることで光を入れつつ、外部からの人目を防ぐことができ、シンプルでスタイリッシュな印象にすることが出来ます。

お庭に面しているような人目の気にならないお部屋でしたら、透け感のあるの生地もオススメです。光の透け感が綺麗に映る分、圧迫感を感じにくく、お部屋を明るく広々と演出してくれます。

 

zuY97Skgu20rbqPywe3WeQKRoQG8hLydleXT951tUN2DRnwvkXhCHbbd51OoHPh2XJLmTbNCNW9fCF9C8cNdx9Nu10-Yo8BGu0ME-zp6vkp9LxcRpaJkNngFhiZlMRj1x-gH467c

 

またロールスクリーンと共通の柄が多いので、例えばリビングの大きな窓に縦型ブラインド、小窓にはロールスクリーンで生地を合わせてコーディネートすると統一感が出てすっきりとしたお部屋にすることが出来ます。

 

IMG_3828

 

3.バリエーション
人目の多い場所などどうしてもスラットの隙間からお部屋の中が見えてしまうのが気になる場合には、ドレープの間にレースのスラットを付けたタイプがオススメです。ニチベイアルペジオ、センターレースが代表的です。角度調節で光を取り入れながらも、隙間からお部屋の中が見えてしまわないように間にレースがついているので安心です。さらに光を取り入れる際も直射日光でなく、優しく光を取り入れることができます。

 

IMG_3834

 

レースを付けたタイプには、昼はドレープを全て片側に寄せてレースだけ、夜はレースを全て片側に寄せてドレープだけ、に切り替え出来るタイプもございます。タチカワブラインドラインドレープ、ツーウェイはこのようにカーテン感覚でお使いいただけます。

 

4.縦型ブラインド選びのポイント
生地のバリエーションも無地のシンプルなものから、地模様が入ったものや和風テイストの物まで様々なので、お部屋の雰囲気に合わせてお選びいただけます。ただスラットの角度によってはお部屋の中がダイレクトに見えてしまうので、外からの視線が気になるお部屋に取り付ける場合は注意が必要です。レース生地との併用をオススメいたします。

 

また、スラット1枚1枚が軽いため、エアコンなどの少しの風が直接当たっても揺れやバタバタとした音が発生してしまいます。エアコンの取り付け位置も含めて、縦型ブラインド設置の窓をご検討いただくことをオススメいたします。

 

5.その他

操作方法としては、バトン式とコード式があります。バトン式の場合バトンを持って開けたいところまで移動して開けるタイプなので、出入りが多くサッと開けたい窓に適しています。また、コード式の場合には、移動の必要がなくその場でコードを引いて開け閉めできるので横に大きな窓に適していると言えます。

 


 

大きなリビングへ縦型ブラインドを設置すると、カーテンとは違ったシャープな印象でお部屋全体も引き締まります。新しい生活はお部屋の中からひと味変えてみてはいかがでしょうか。

 

コーディネート商品特徴

トップへ

お問い合わせ